ちょっとしたギフトに大好評だったSWATIの生ハンドクリーム。

3月の送別シーズン、知人へのちょっとしたお礼、久しぶりに再会する旧友への気持ちばかりのギフト…と、誰かへのちょっとした贈りものを探し回っていたここ最近。

偶然妹も同じ状況だったので、ふたりで「あそこのあれが良いかも」「ここであれを見た」などとギフト選びにあくせくしていました。

そんな中で誰に贈っても好評だったのが、ふらっとウインドウショッピングをしていた時に偶然見つけた、このSWATiの「RaW Hand Care Cream (ロウハンドケアクリーム)」。

妹と2人で何本買っただろう?というくらい、大活躍!ハンドクリーム難民の方がいたら、ぜひ贈りたいくらい。

 

SWATi 「MARBLE label」

正直この生ハンドクリームに出会うまでSWATiというブランドは知らなかったのですが、ジャパンメイドのフレグランスボディーケアアイテムを色々と扱っているよう。

「RaW Hand Care Cream(ロウハンドケアクリーム)」はそんなSWATiのボディケアシリーズの中でも、人気の「MARBLE label」から出ています。

「MARBLE label」シリーズは、植物の成長する力に着目。日本由来の5つの植物成分が配合されています。

 

RaW Hand Care Cream

このロウハンドケアクリーム、肌と爪を同時にケアできるよう作られていて、忙しい時にもさっと時短ケアできるんです。

特に爪のケアは忙しいと忘れがちで、最近はアルコール消毒なんかでも乾燥してピキッとなるのでありがたい。

こまめなケアが苦手な私も、子育て中の友人にも好評でした。

 

パッケージがギフトにぴったり

贈りものは見た目も大事。このパッケージだと誰にあげても喜ばれるし、もちろん持ち歩くのも気分があがります。3本それぞれの配色もパターンも絶妙だし、鮮やかでギフト映えする見た目◎

形もなかなか見ない少し縦長のタイプで、持ち歩きがしやすく実用的です。大小どのタイプのカバンに入れても取り出しやすい◎

 

生な香りが最高。

パッケージもツボなのですが、香りがまた最高。

アニス・マグノリア・ヴァニラの3種類あります。

・Anise blooming in Mountains!(アニス ブルーミング イン マウンテンズ!)

森の中の朝露を思わせる心安らぐグリーンノートに、スパイシーなアニスが景色を作る。霧がかった新緑の中で深呼吸したときのようにピュア。男女を問わないさわやかな香りは、主張しすぎないのに記憶にしっかりと刻まれる。

・Aquatic Magnolia(アクアティックマグノリア)

碧いシトラス、瑞々しいレモンで扉を開け、マグノリアが咲き誇る。ムスクで包み込むように締めくくられる様子は、まるで浮かび上がる水中花のように幻想的。ゆっくり持続するフローラルの残香に心を奪われそう。

・Vanilla & Sunset sea(ヴァニラ アンド サンセットシー)

うっとりするようなヴァニラの甘さと柑橘が絶妙に混ざり合う。 そのエキゾチックな香りが人を惹きつける。 夕暮れのサンセット、ヴァニラ色の雲が流れゆく景色や時間をイメージ。

(ロウ ハンド ケア クリーム/50g)税込1,650円

(公式オンラインショップより)

 

つけ心地

つけ心地はというと「RaW」とあるくらいで、とてもとても滑らかな生感覚。

生クリームのようなとろける感触でありながら、のばしていくとだんだん肌に溶け込むような軽さもあって、ハンドクリームを塗った後も不快感なく次の作業に移れるので、使いやすいです。

私はアニスをつかっていますが、ぬり込むと広がる爽やかな香りも気分を上げてくれます。

 

こちらのソルトスクラブも好評。

あるお風呂好きの友人に、同じ「MARBLE label」のシリーズの「Salt Scrub & Treatment」を贈ったのですが、こちらもなかなか良かったみたい。
2WAYでボディスクラブとしても、バスソルトとしても使えます。

 

 

 

 

Beauty
この記事を書いた人

フランス ボルドー、カナダ トロント生活を経て多種多様な働きかたに感化されフリーランスに。
優柔不断なほうなので、日々のお出かけや買い物から、生き方・働き方まで何かと迷いがちな私ですが、その中で見つけたエスプリや日々を愉しくするヒントをここで発信しています。
DNAから完全に夜型です。

CLAIrmag.