ヴィーガンブラウニーも!フレイバー豊富なNY発むっちりご褒美ブラウニー。

特別甘党ではない私。「ごほうびスイーツが仕事の疲れを癒してくれる」なんてこともそんなにないのですが、ここ最近妹から貰ったこちらのお取り寄せブラウニーは、想像以上に自分にとってのグッド・トリートになりました。

NY発のブラウニー専門店「Fat Witch Bakery(ファットウィッチベーカリー)」のブラウニーは、何といってもこのキュートなロゴと、パズルのようなカラフルなパッケージが魅力。色ごとに味も違うんです。まさに選んで楽しい、貰って嬉しいですよね。

妹はスモールギフトとして同僚たちにも配ったようで、この可愛いらしいパッケージはかなり好評だったようです。(ハロウィンの時期だったのも良かったのかも。)

 

かなりバリエーション豊富なフレイバーは、定番のオリジナルから、ブロンド、Wチョコ、ウォルナッツなどのNYフレイバーと、抹茶、きな粉、ほうじ茶などの日本限定フレイバー、あわせるとなんと18種類以上。

これに加えて随時、季節限定のフレイバーなども登場します。

ファットウィッチ・ベーカリーがこれまで作ってきたブラウニーの種類は、アメリカと日本を合わせて100種類以上あるのだとか。

ヴィーガンブラウニーがあるのも嬉しい。

 

ファットウィッチわたし的おすすめ

Fat Witch Bakary Brownies

ファットウィッチのブラウニーを何種類か食べて驚いたのが、どれもブラウニーという点では変わらないのに、フレイバーごとにそれぞれ味・食感・風味が異なるんです。

「次はどんな感じなんだろう!」と食べる度に毎回楽しみで、口に入れた瞬間の小さな感動が新鮮でした。ということで、わたし的おすすめをいくつか紹介しようと思います。

Kinako Baby

まず妹と満場一致で一位だったのが「きなこベイビー」。

ブラウニー「きなこ・ベイビー」

ファットウィッチのブラウニーはどれも濃厚なのですが、きなこはとくにむっちりとした食感が和菓子のようであり、チョコレートのようでもあり、これぞパーフェクトな和洋折衷といった感じ。

きなこならではのやさしい風味もほどよく、甘党でない私にとっては特に食べやすい味でした。

 

Walnut Baby

そしてブラウニーの相棒とも言える、クルミの入った「ウォルナッツベイビー」。

ブラウニー「ウォルナッツ・ベイビー」

これは美味しくないわけがない、という定番の味ですが、ファットウィッチならではのチョコレートたっぷりのブラウニーにはクルミがとくに合います。

 

Earl Grey Baby

次に淹れたての紅茶のように香り高い「アールグレイ・ベイビー」。

ブラウニー「アールグレイ・ベイビー」

スリランカ産のアールグレイ茶葉をふんだんに練りこみ、焼き上げたというだけあって、一口食べた瞬間の芳醇な香りがクセになる味です。

アールグレイの風味のおかげで、ファットウィッチのブラウニーのねっとり食感が重くなりすぎないのが良いところ。

 

Cacao Baby

そして濃厚なチョコの風味と、カカオニブのザクっと感がたまらない「カカオ・ベイビー」。

こちらはただのチョコレートブラウニーではないんです。カカオニブと、ほんの少しのコーヒーが隠し味のふわっと大人なブラウニー。

濃厚な食感の間にくる、カリッザクっというカカオニブの食感が個人的にとても好きです。

 

Vegan Witch

こちらもぜひおすすめしたい、ヴィーガンブラウニー。

卵やバターなどの動物性の材料は一切使っていません。とはいえ、食感や味はしっかりブラウニー。しっとりとしていて、チョコレートの風味も濃く、言われなければヴィーガンとは気づかないくらいです。

黒糖が入っていて、自然でやさしい甘さも心地いい。こちらは、他のものより二回りほど大きめのブラウニーです。

 

セットでも、アラカルトでもお好みで試してみてください◎

 

グラノーラ/ブラウニーパイも気になる

オンラインストアをチェックすると、ブラウニーのほかにも美味しそうなトリートがたくさん。


ファットウィッチ グラノーラ200g 3種セット


ブラウニーパイ 6本入り

 

 

自分へのご褒美としてはもちろん、ハロウィン、クリスマス、バレンタインデーなどのプチギフトとしてもちょうどいいファットウィッチのブラウニー。

キュートなギフトボックスに入ったセットや、ラベルをカスタマイズできるオリジナルギフトサービスもあるようです。気になる方はぜひ◎

今回紹介したものは、全国からオンライン購入可能です。

Fat Witch Bakery 公式サイト

 

 

こちらの記事はアフィリエイトリンクを含んでいます。

 

Food
この記事を書いた人

フランス ボルドー、カナダ トロント生活を経て多種多様な働きかたに感化されフリーランスに。
優柔不断なほうなので、日々のお出かけや買い物から、生き方・働き方まで何かと迷いがちな私ですが、その中で見つけたエスプリや日々を愉しくするヒントをここで発信しています。
DNAから完全に夜型です。

CLAIrmag.